ドリップコーヒーを選ぶ際のコツ

初心者でも美味しいドリップコーヒーを淹れたいのであれば、コーヒー豆の鮮度に注意することです。

鮮度が高いコーヒー豆を準備するのがポイントですが、焙煎してから時間がそれほど空いていない豆、つまり焙煎したてのコーヒー豆がお勧めです。
こうした豆を使うと、美味しいドリップコーヒーが作れます。

そこで注目すべきなのが、どこでそういった豆が手に入るかということです。
最近では、多くの場所で鮮度が高い豆が購入できるようになってきました。失敗の心配がないのは、自家焙煎しているショップで購入する方法です。自家焙煎のコーヒー豆を購入すれば、初心者でも味わい深いハンドドリップコーヒーを淹れやすくなります。

自宅近くに自家焙煎を行っている店舗が見つからない場合には、インターネット経由で購入ができる店舗もありますので、そちらを利用すると良いでしょう。
一般的に、焙煎の程度が浅ければ浅いほどに酸味は強くなり、苦味はそれほどでもなく、香りは強くなってきます。



焙煎の程度が深くなるほど苦味は強くなり、逆に酸味が弱く、香りは弱くなります。

深炒りのものはエスプレッソまたはアイスコーヒーなどに使用され、浅いタイプはブラックにしても、ホットでも飲みやすいのが特徴です。



そのため、店舗に並んでいる豆について焙煎度合いを確認すると、苦みや酸味の具合がある程度イメージできます。

goo ニュースを検索してみてください。

焙煎のプロは、それぞれコーヒー豆が持つ特徴に応じて、焙煎する際にどのぐらいの焙煎がベストなのかを研究しています。自分はどんな飲み方をするかをしっかり伝えると、焙煎の程度を調整してくれる店舗も存在します。