デカフェを扱うカフェが増えています

コーヒーや紅茶、チョコレートなどに含まれているカフェイン。

疲れた時や眠気を取りたい時、カフェインの覚醒効果を求めて、コーヒーや紅茶を飲んでリフレッシュする、という方も多いと思います。



しかし、カフェインは、眠気を取ったり気分転換出来たりといったメリットも多いのですが、反面、薬が効きづらくなったり、睡眠を妨げたり、生理痛や頭痛を強く感じてしまう原因となるなどのデメリットも併せ持つものです。
最近では、こういったデメリットを気にして、カフェインを摂らないようにする人が増えています。



ただ、長年飲み慣れたコーヒーや紅茶を突然止めるのは難しいものです。


そこで、注目されているのが、カフェインを含まないコーヒー「デカフェ」です。

デカフェは、特殊な方法でコーヒーからカフェインを抜いたもので、味はカフェインを含む通常のコーヒーとほとんど変わりません。

海外では以前からカフェのメニューにもあり、スーパーマーケットなどで広く扱われて、愛飲者も多かったのですが、日本では、自然食品の店などで少量扱われる程度で、今まであまり見かけませんでした。

しかし、日本でもデカフェに関心を持つ人が増えてきた事もあり、チェーン店のカフェなどでも、デカフェをメニューに載せる店が増えてきました。

ジョルダンニュース!の最新情報を公開しています。

カフェインを含むコーヒーよりも価格が少し高めではありますが、気軽にデカフェを楽しめる環境が整ってきた事は、良い傾向と言えるのではないでしょうか。